ロト、ナンバーズ、宝くじの違い

スポンサーリンク

ロトやナンバーズなどの宝くじで大金を得たいと夢見る方は決して少なくないと思われます。

無駄なお金を払うだけだと否定的な意見がありますが、中には何回も当選している方もいますので、続けて購入していけば当選する可能性が十分あります

江戸時代では富くじとして庶民に愛されてきたほど、日本人には宝くじが身近な存在になっています。

現代ではさまざまな種類の宝くじが出ています。
一番馴染みがあるのがやはり定期的に販売されるジャンボ宝くじでしょう。

最近では賞金の上限額も上がり、ますます魅力的なものになりました。
1等から7等まで以外にも前後賞や組違いや特別賞など、当選パターンがいくつもあるのも魅力の一つです。

一方、ロトはどうでしょうか。
ロトにはミニロト・ロト6・ロト7がありますが、それぞれ好きな数字を選んで買うことができます。

ジャンボ宝くじとの相違点は、数字選択の他にキャリーオーバーの存在があります。
キャリーオーバーは当選者がいないとき、その売上を次回に上乗せしていくというシステムで、当選者がでない限りは繰り返されていきます。

ナンバーズは、ロトと同じく数字選択式になっており、ナンバーズ3とナンバーズ4があります。
すべての数字と順番が合うストレート、順番不問のボックス、その2つを組み合わせたセットの三種類による購入方法があります。

当選確率と当選金額は次のようになっています。

ロト6の1等は609万分の1で約1億円、2等が609万分の6で約1500万円、3等が609万分の216で約50万円となっています。

ロト7の1等は1029万分の1で約4億円、2等で1029万分の14で約1000万円ほど、3等が1029万分の196で約100万円になります。

ナンバーズ3は1000分の1で約10万円、ナンバーズ4は10000分の1で約100万円になります。

ジャンボ宝くじは1等が2000万分の1、1等の前後賞が1000万分の1となっています。
当選金額は近年高くなっており、前後賞合わせて6億円というケースがあります。

このように、当選金額が高くなるにしたがい、当選確率が低くなっています。
一攫千金を狙うか、それともコツコツ当選したいか、自分に合ったくじを選択してみてください。

また購入日と価格は次のようになっています。

ナンバーズは月曜から金曜日まで毎日発売されていますが、ミニロトは火曜日、ロト6は月・木曜日、ロト7は金曜日となっています。

購入金額は、ジャンボ宝くじとロト7は1口300円で、その他は200円です。

ロトやナンバーズはインターネットで購入できるという利点もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする