ロト6、ロト7、ミニロトの予想・用語解説サイト

スポンサーリンク
ロト用語解説

ロト6(LOTO6)とは

ロト6(LOTO6)とは、数字の01から43までの数字のうち、重複しない6個の数字を任意に選ぶ “数字選択式宝くじ” にあたる。

抽選は、12月31日~1月3日の年末年始を除く毎週月曜日と木曜日の週2回行われ、見込み当選金は約1億円といわれている。
キャリーオーバーが発生している場合、更なる金額が見込める。

ロト7(LOTO7)とは

ロト7(LOTO7)とは、数字の01から37までの数字のうち、重複しない7個の数字を任意に選ぶ “数字選択式宝くじ” にあたる。

抽選は、12月31日~1月3日の年末年始を除く毎週金曜日に行われ、当選金は理論値では約4億円といわれている。
キャリーオーバーが発生している場合、更なる金額が見込める。

ミニロトとは

ミニロトとは、数字の01から31までの数字のうち、重複しない5個の数字を任意に選ぶ “数字選択式宝くじ” にあたる。

抽選は、12月31日~1月3日の年末年始を除く毎週火曜日に行われている。
見込み当選金額は約1千万円で、キャリーオーバーがなく、1口最高4千万円となる。

キャリーオーバーとは

当たりが少ないもしくは一等がない場合、当選金が余る。この余った金額を次回開催の宝くじに積み立てるものをキャリーオーバーという。

キャリーオーバーが発生すると、次回の1口あたりの当選金額が増えることになる(当選者が多い場合はその分金額が少なくなるが、それでも通常よりは多い)。

クイックピックとは

ロトを購入する際、任意の数字を自分で選択するのではなく、コンピュータに自動で数字を選択してもらう購入方法のこと。
出現数字が予測できない、自分の予想とは違うパターンの数字にしたい時に有効である。

本数字とは

抽選の結果、当選になった数字のこと。
ボーナス数字以外の当選数字である。すべての数字が揃えば1等当選となる。

ボーナス数字とは

抽選の結果、当選数字が1つ外れていても、このボーナス数字が一致していれば2等などになる。
ボーナス数字は本数字の後ろに括弧などで表記される。

引っ張りとは、スライドとは

引っ張りとは、前回出現した数字と同じものが出現することをいう。
スライドとは、前回出現した数字の前後の数字をいう。
前回の出現が10だった場合、スライド数字は9もしくは11になる。

削除数字とは

過去データなどを参考に出現数字を予想する中で、この数字は出ないだろうと推測して対象から削除する数字のこと。
削除数字を想定することによって、当選確率を高めていく。

軸数字とは

予想の中心となる数字のこと。
予想の際、任意の数字を1つ2つピックアップし、そこからペアで出現しそうな数字を予測する。
過去データを用いて、07を軸数字とした時、39が出現しやすいと予想していく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする